みずほ銀行のカードローンの利息について説明します。みずほ銀行はカードローンが2種類あり、①エグゼクティブプラン、②コンフォートプランです。①は信用力が高い方向けものであり、一般的には②のコンフォートプランを使う方が多いです。金利については3.5%~14.0%となっています。この金利はみずほ銀行の審査によって決定します。信用力が高い場合や、限度額が高く設定される場合には一般的に金利は低くなります。また、一番低い金利は3.5%となっていますが、この一番低い金利が採用されることはほとんどありません。やはり多くの方は一番高い金利の14.0%が適用されます。この金利の内訳ですが、金利は借入の利息と保証料から構成されています。借入の利息とはみずほ銀行へ支払う利息です。一方で保証料とは借入した者が返済できなくなった時に代わりに返済を行ってくれる会社です。みずほ銀行もこのような保証会社を使用しているため、借入をした人が返済できなくなった場合に保証会社に請求して、返済されていなかった部分を支払ってもらうという流れです。このため、保証会社直接的には契約書とは関係ありせんが、カードローン規定をしっかり読むと契約書に保証会社のことが記載されています。保証会社も借入の審査を行い、信用力に応じて保証料(率)を設定します。当然、信用力が低い人は保証料も高くなります。まとめますと、カードローンの借入の金利はみずほ銀行が設定する借入の利息と保証会社が設定する保証料率によって決定されます。みずほ銀行のカードローンを14.0%の金利で借入した場合、14%のうち5%がみずほ銀行への借入利息、9%が保証会社へ支払う保証料といった形です。(内訳の数字は不明なので仮の数値です。)