みずほ銀行カードローンの保証委託先は、クレジット会社すなわち信販会社である『株式会社オリエントコーポレーション』になっています。保証会社には、保証専門会社、消費者金融系そして信販会社系があり、信販会社系の審査は厳しくなります。信販会社の審査は、消費者金融系よりも個人信用情報の照会において、クレジットカードの契約状況、そして利用状況を重視するものの、キャッシングにも精通しており、消費者金融系の保証会社よりも審査が細かくなります。特に株式会社オリエントコーポレーションの場合、クレジットカード以外に賃貸物件の家賃保証を担う事業も取り扱っており、審査の難易度は高めです。みずほ銀行カードローンの場合、銀行側は全国銀行個人信用情報センターの情報から、銀行取引において金融事故や取引に関する問題が無いことを確認するものの、オリエントコーポレーションは他クレジットカード会社の利用状況や割賦販売に関する情報までチェックします。最近では、大東建託株式会社の家賃保証業務も行っており、クレジットカードの支払遅延や滞納だけでなく、家賃についても審査情報として利用しているため、みずほ銀行カードローンを申し込む際は個人信用情報機関全ての情報を開示した上で申し込みする必要性があります。そもそも、オリエントコーポレーションが保証不可と判断すれば、融資を受けられない上、他銀行カードローンの審査も厳しくなります。特にオリエントコーポレーションに保証業務委託を行っている銀行は、審査自体も委託することがあり、独自のデータベースに情報が登録されてしまいます。